MELPHARIA MARCH™ WIKI - メルファリア マーチ ウィキ

Melpharia March Wiki;
FantasyEarthZero™
Top / 真夏のSwordfish!
Processing time: 0.013 sec.

真夏のSwordfish!

Last-modified: 2014-08-29 (金) 15:23:27 (1362d)

初回クリア報酬

異流派コミュニケーションリング1,000個
トライアングラーリング2,000個
休日のアサシン強化:キマイラ(噛)
愛の守護者たる素質リング3,000個
マカジキ一本釣りッ!強化:キマイラ(抱)
コードネームはソードFプラチナコイン3枚+称号「冷やし司令官始めました。」

異流派コミュニケーション

消費士気:16 最大Gold:2080 最大Ring:800
初期クリスタル:300
味方ユニット:ロリス、ラーダー、ディエール、スペキオス
敵ユニット:なし

出現Mob
ウォリアープレート
スカウトアルモニカ Elite
フェリス Elite
ソーサラーブラック Elite
ダルク
フェンサーレギナ
ソードフィッシュ Boss
セスタスアドゥス

会話:

戦場選択
 ―ザザァ…
―ザザァ…ザァ……
―ザザァ…
ソードフィッシュ……………………
…………………………………………
………ふむ。
……………………
どうして…こんなことに………
 ―ザザァ…
―ザザァ…
ソードフィッシュ……………………
……こんなはずではなかったのだが。人生とは、何があるかわからないね…。
 ――――――――
―― 遡ること 数時間前 ――
ラーダーアイヤー!今日は一段と暑いアル!もう汗だっくだくネ!
ロリス本当よねー……
お師匠の付き添いじゃなかったら間違いなくこんなところ来ないわよ。
ラーダー着替えたいアル…着替えたいアル……でも水着を家に忘れてしまったネ……
ロリスボルクスお師匠…急に私たちを連れ出すんだものね……
水着の準備も出来なかったわよ……
 ――ギラギラ
ロリス暑い……冷たいかき氷を思いっきり食べたい気分だわ……
ボルクス喝ッ!!!
ロリス&ラーダーひぃっ!?
ボルクス全く…お前たちは根性がたるんどる!!
ラーダーボルシショウ!
ロリスとラダ子…もう溶けてデロデロになるネ!
今日は…わざわざ海辺に何しにきたアル??
ボルクス日焼けじゃ。
ロリス&ラーダー日焼け!!?
日焼けアル!!?
ボルクス最近雪山に篭りすぎたせいか…
自慢の小麦色の肌がすっかり白くなってきての……
ここいらでいっちょこんがり焼いておこうかと思っての!
うわっはっは!
ロリス(…今でも既にこんがり状態だと思うのだけれど…)
ラーダー(…かき氷…食べたいアル…)
ボルクスそれに見ろ、(プレイヤー名)を!
暑さをものともせず、じっと耐えているではないか!!
ロリス…ねえ、(プレイヤー名)。その司令服…暑くないの?
ラーダー(プレイヤー名)もきっと汗だっくだくアル!
ボルシショウとロリスとラダ子で脱がしてあげるネ!!
ボルクスそれはいい!(プレイヤー名)も日焼けせよ、日焼け!
ロリスこれで(プレイヤー名)も…
”こんがり司令官”として(所属国名)で益々有名になっていくのか……
…それも悪くないわね…♪…てことで
ロリ&ラダ&ボル覚悟!!
???お~~~~~~~~い!!
ボルクスムムッ!?その声は!?
ポッポボルクス殿!ボルクス殿ではないか!
こんなところで会えるとは思わなかったのう!!
ボルクスなんと、ポッポ殿!!一体何をしているのじゃ!?
ポッポなあに、いつも訓練・訓練じゃと弟子達も疲れてしまうと思っての!
気晴らしに海に来たのだよ!
ボルクスそうじゃったか、そうじゃったか!
…ということは、ポッポ殿の傍らにいるのが?
ポッポ自慢の弟子たちだ!ほれ、自己紹介するんだ!
ディエールディエールと申します。ボルクス殿、お初にお目にかかります。
スペキオス……………………………
ディエール――ぎゅっ
スペキオスいてぇっ!
ディエール…スペキオス。さすがに初対面の人の前で
あからさまに不機嫌になるのはどうかと思うわよ?
スペキオス……ちっ!………スペキオスだ。
というか……ディエール!この状況、何か思わないのかよ!?
ディエール何か…って……別に何も思わないわよ。
強いて言えば、普段の修行の気晴らしに師匠がわざわざ海に連れて来てくれたことに
感謝をしなければ、と思っているわ。
スペキオスちげーよ…ちげーんだよ……あのな…
俺はな…今な…
 ――ギラギラ(太陽が照りつける音)
スペキオス……今な……
 ――ギラギラギラギラ(更に太陽が照りつける音)
スペキオスあっちいいいいいいいいいいいいいいいいいいんだよ!!!!!
俺、この装備なんだぞ!全身鎧に包まれてんだぞ!!
蒸すんだよ…すげー蒸すんだよ……
ディエールあらら……でもそれも修行の一環になるんじゃない?
体力とか…暑い場所での戦い方とか……
スペキオスあのな、もうこの鎧の中は
マグマが身体を伝ってるみたいに暑いんだよ……
修行とか言ってらんねーんだよ……
その点いいよなディエールは…
胸のところから風が入ってきて涼しいだろうに……
ディエール……スペキオス……胸のことは触れないでって約束したわよね……?
スペキオス!?
あっ、いやっ、そのっ、なんだ…
ラーダーアイヤー!暑い!暑いアル!スペキオスから尋常無い熱気出てるネ!!
スペキオス………ひーー……はーー………
ロリス仕方ないわね……ほら。私の竜巻攻撃で涼みなさい。
 ―――びゅおぅっ!
スペキオス……おお!涼しい風が!!ありがとう、ロリス!
ラーダースペキオス!あんまりロリスに近づくと
ラダ子のインテンスファイで吹っ飛ばすアル!
スペキオス……それは勘弁だ………
ポッポがっはっはっはっは!
どうやら弟子同士は既に知り合いだったようだな!
ボルクスそのようじゃな!
だが、こうしてそれぞれの流派の師匠と弟子が一緒に顔合わせというのも悪くない!
そうじゃ、今度クヌートやアネイトの弟子たちとも交えて親睦会でも開いたら面白そうじゃな!
ポッポ…ク、クヌート殿か………ふ、ふむ!悪くない提案だ!考えておこう!
ボルクスふむ…そういえばポッポ殿が現れるまで
何かしようとしていたような……
ロリス何か………
ラーダーあっ!(プレイヤー名)の服、脱がすネ!!
ディエールええ!?何でそんなことに……
ロリスいいからいいから♪さあ、(プレイヤー名)…かくご…
 ――ざっぱあああああああん!!
ロリスえ、何の音…?
スペキオス!!
ロリス、あそこだ!!海のほうに!!
ロリスええっ!?あ、あれは!!?
ソードフィッシュ(はぁ…はぁ……高潮に巻き込まれて…
知らない海岸に着いたようだ………)
(ここはどこだろう…(敵国名)だといいのだが…)
ラーダーボルシショウ!!あれは何アル!?
ボルクスむむっ、あれは!!
ポッポ新手の魔物か!?
ロリスなっ…魔物ですって!?ちょ、ちょっと、どうするのよ!
スペキオス決まってる!俺たちで迎え撃とうぜ!
ロリス……そうね!
この辺りには村もあるし危険に晒すわけにはいかないわ!
ディエールそうと決まれば、戦いましょう!
ポッポうむ、決まりだ!私とボルクス殿は近隣の村から網をもらってくる。
スペキオスええ!?一緒に戦ってくれよ、師匠!!
ボルクス喝ッ!!!
スペキオスビクッ
ボルクス弟子たる者、師匠に甘えることは断じてならん。
…スペキオスよ。これも修行じゃ。
4人で…食い止めてみせよ!!
ロリスはっ……
ディエールはい!!
ラーダーアイヤー!やってやるネ!!
スペキオスちっ…この暑い中で……あの魔物…この大剣のサビにしてやるぜ……
ポッポ(プレイヤー名)も4人の援護を頼んだぞ!
準備完了
ソードフィッシュ(……あんなところに人がいる…
ここが何処か、話を聞いてみるとするか)
(……ん?様子が変だな……まあいい)
あの、すみませーん!ここって……
ロリスきっ、来た!!行くわよ!!
スペキオスおう!!
ディエールま、待って!
今あの魔物、喋ってなかったかしら!?
ラーダー何も聞こえなかったネ!さあ、かかってこいアル!
ディエール(…気のせいだったかしら…)
第1波終了
ソードフィッシュ何故私はいきなり攻撃されているのだ・・・?
…ふむ、なるほど。私の姿勢が悪いせいで顔が見えないのかな…?
…では………姿勢を正して………これでよし。
では改めて…
おーーーーーーーーーーい!!!
ロリス!!
な、なに、あの魔物……人の顔が入ってる!?
スペキオスあんな魔物は見たことねぇ……
も、もしかして…『人面魚』……なのか……!?
ディエールね、ねえ!やっぱり人の声が……
ラーダー聞こえないネ!!ぶっ倒すネ!!
ディエール(あ、あれー……?)
第2波終了
 ―――びゅおぅっ!
―――ズガガガガガガガッ!
ロリスふぅ……あの魔物……
何度押し返してもこちらに来るわね……しつこいわ…
……って。スペキオス。あんたさっきから私と近くない!?
スペキオスい、いやー…ロリスの近くにいると涼しくてな……
いつもより調子が上がる気がするんだ……
ロリス…ふーん……
まあ、スペキオスが戦いやすいなら勝手にしたら?
スペキオスありがとう、恩に着るぜ!
ディエール(……何よ、さっきからスペキオスったら…
ロリスさんの近くでずっと戦って……)
ラーダー(あのスペキオスという男!さっきから何アル!?
ロリスと距離が近すぎるネ!!)
勝利
ソードフィッシュ……話しかけただけなのに……ひどい目に遭ってしまった。
しかし…任務上これを脱ぐわけにもいかないからな。
どうすべきか……ん?
ポッポおーーーーーーーーい!!待たせたの!!
ボルクスうわっはっは!!この網で…
ポッポ&ボルクス一 網 打 尽 じ ゃ あ あ あ あ ! !
ソードフィッシュ!!?
な、なんだあの超巨大な網は……
ポッポ&ボルクスうおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
ソードフィッシュふむ…ものすごい勢いで追ってくるな…。
このままでは網にかかった悲劇のマカジキになってしまう…。
よし、ここは!
 ざぶぅぅぅぅん
ロリスああっ!
スペキオス逃げた!!
ポッポぬっ!逃げられたか!
ボルクスあと一歩のところじゃったのに……惜しいのう……
ラーダーアイヤー!そ、そんなことよりスペキオス!ロリスから離れるネ!
ディエール…そ、そうよ!ロリスさんも迷惑そうでしょ?
ほ、ほら、スペキオス!
スペキオス…な、なんだ二人とも…俺はただ涼みたくて……
ポッポん?
ボルクス…今、何と?
スペキオスい、いや、だから涼みたくて……
ポッポ&ボルクス涼 み た い じ ゃ と ! ?
スペキオス!!!!!
(…し、しまった!!)
ロリス…さ、さあ、ラダ子、ディエール。
私たちはあっちで(プレイヤー名)と遊びましょうか……。
ラーダー了解ネ!ほ、ほら、(プレイヤー名)も一緒に行くアル!!
ディエール…ほ、ほかの一門の人たちと交流するのも大事だから……
ご、ごめんねスペキオス…
スペキオス!!
お、おい!頼む、待ってくれ!!俺を一人にしな…
…あ…行っちゃった………
ポッポ…では、スペキオス。何か言い残すことはあるか?
スペキオスあああ…俺の夏が…終わる……
ボルクスがっはっはっはっは!安心せい!
わしたちがお主に「最高の夏」を見せてやるわい!
スペキオスぎ、ぎぃやああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ………
 ――――――――
――――
――
―ザザァ…
―ザザァ…ザァ……
―ザザァ…
ソードフィッシュ…まさか巨大網で追いかけられるとは…
人生何があるかわからないね、本当に。
…そもそも海辺でマカジキの格好をして独り言を呟いているこの状況が
既に怪しいのかもしれないね。
…ふむ。かといってこれを脱ぐ訳にはいかないし……
 ―ザザァ…
―ザザァ…
ソードフィッシュ一人で物思いにふけるのも悪くないね。
…もう少し、こうしていようか。

トライアングラー

消費士気:20 最大Gold:2600 最大Ring:1000
初期クリスタル:300
味方ユニット:アゼリー、アネイト
敵ユニット:なし

出現Mob
ウォリアーワイバーン
スカウトミミクリー
クレアボ Elite
ソーサラービノシュ Elite
ファントマ
フェンサーレプトフォビア
ソードフィッシュ Boss
セスタスゴーパラ Elite

会話:

戦場選択
 ―ザザァ…
―ザパァン……
ソードフィッシュ…そういえば、あんなこともあったな。
 ――――――――
―― 昨日 ――
アネイト(プレイヤー名)!一緒に海に来てくれてありがとうな!
今日はいっぱい楽しもうぜ!…ほ、ほら、水着もバッチリ用意してきたんだからな!
…それにしても…なんでお前もついてきてるんだ?…アゼリー。
アゼリー(プレイヤー名)司令は(所属国名)では有名人です。
休暇を刺客に狙われることもあるかもしれません。
…司令を守るのに兵力は一人でも多いほうがいいかと思います。
アネイト……ま、確かにそうだな。
 ――――――――
ジュリテふっふっふ~♪
…(プレイヤー名)と姐さんが一緒に海に来るなんて…
ついてきてみて正解だったわね!
これは(プレイヤー名)の魅力の秘密を知るチャ~ンス!!…お、早速動きが!!
 ――――――――
アネイト…じゃあ折角海に来たんだから泳ごうぜ!
アゼリー…………………
アネイト…ん?どうした、アゼリー。顔色が悪いぞ?
アゼリー!!
な、な、な、なに言ってるんですか!!そ、そ、そんな訳ないですよ!!
…あっ!わ、私…砂場での効果的なアーススタンプの方法についての研究に勤しんでます!
お二人で、どうぞ楽しんで………
アネイトな、なんの研究だよそれ……オフの日くらい遊べばいいのに。
…まあいい、じゃあ、(プレイヤー名)!一緒に泳ごうぜ!
……今日は(プレイヤー名)と泳げるの楽しみにして来たんだからな……
アゼリー………いいなあ………
えっ、司令!?今の聞こえてましたか!?
き、き、聞かなかったことにしてください!!
 ――――――――
ジュリテふぅん…なるほどなるほど。
どうやら姐さんの他にも(プレイヤー名)の魅力に惹かれている人物がいるのね……
アゼリーさん…か。要チェックね。
 ――――――――
アネイトじゃああっちで水着に着替えてくるからここで待っててくれ!
アゼリー…ま、待ってください!!
アネイトな、なんだ…!?まさかここで着替えろってか…!?
アネイトちっ、違います!何言ってるんですか!!
あ、あ、あそこ!海のほうに何か!!
 ――――――――
ソードフィッシュ…うむ…
この辺の海域は海藻が随分と生い茂っているようだな。
おかげで自慢のマカジキ装備に絡まって前がよく見えないよ。
とりあえず陸地に上がってコレを落とさないと……
よっ…こらせっと。
 ――ザバアアアアアン…
――――――――
アネイトな、なんだあの生き物は……ものすごい大きさだ……
アゼリー…す、すごい勢いでこちらに迫ってきます!
アネイトちっ、仕方ねえ!海水浴は中止だ!
アゼリー司令!迎え撃ちましょう!
準備完了
ソードフィッシュようやく浜辺にたどり着きそうだ。少し海藻を落としておこう。
 ――ぶるぶるっ
ソードフィッシュ…しまった、手に海藻が絡んで…一体どうすれば……。
アネイトなんだ、あれは…カジキ…か?
アゼリー歩くカジキマグロ…!?そんなの聞いたことがありません!!
アネイト…ちっ、それでもやるしかないんだ!
アゼリー!(プレイヤー名)!行くぞ!!
 ――――――――
ジュリテ…大変、姐さんたちが襲われている!
…でも、今飛び出したら勝手についてきたことを姐さんに怒られてしまうわね…!
仕方ないわね…姐さんの射撃術でもじっくり観察しておこっと!
第1波終了
ソードフィッシュふむ。先ほどから何やら攻撃を受けている気がするが海藻で一向に前が見えない。
 ――ズドドンッ
――スゴンッ
ソードフィッシュ……とても痛いな。
仕方ない。
どこのどなたの攻撃かわからないがリバースキックで対抗するとしよう。
第2波終了
ジュリテふむふむ、姐さんの射撃術はやっぱり物凄いわ…
じーーーーーーっ……
アネイト(…さっきから…変な視線を感じるな…)
(……一体どこから……)
アゼリーア、アネイト殿!余所見しないでください!
アネイト
おっと、すまねえ!
勝利
アネイトよし、カジキを退けることができたみたいだ!
アゼリーや、やりました………
 ――ずるっ
アゼリー
キャッ!!
 ――ざぶぅぅぅぅぅぅん……
アネイトア、アゼリー!!
アゼリーぷはっ!キャッ!
わ、わた…し…およ…げ……
 ――ぶくぶくぶく……
アネイト…!!
まさか、アゼリー…泳げないのか!?
待ってろ、今助けに…って、お、おい!(プレイヤー名)!!
 ――ざぶぅぅぅぅぅぅん……
――――――――
――ぶくぶく…
ソードフィッシュ君は…司令官さん…だね。
顔はよく見えないが、その服装でわかるよ。
…もしかして君が探しているのはこちらの女性かな?
…大丈夫。気を失っているが、彼女は無事だ。
…ほら、君も司令服のまま飛び込んでいるんだろ。このままでは危険だ。
彼女と一緒に岸に上がるといい。
…え?私かい?私は名乗るほどの者ではない。
…ほら、早く岸に行くといい。私は失礼するよ。
 ――ぶくぶく…
――――――――
――…ゼリー!
アゼリー…………………
アネイトアゼリー!!
アゼリーケホッ!…ケホッ…!
……んっ……ここは……
アネイトアゼリー!よかった、気が付いたんだな。
アゼリー……あれ、私……
アネイト…あのカジキとの戦いのあと足を滑らせて海に落ちたんだ。
私も助けようとしたんだけど
それよりも早く(プレイヤー名)が助けに行っちまったんだよ。
アゼリー……司令が……私のために……
司令…!
私のような一兵士のために身を挺して頂き……恐悦至極に存じます…!
あ、あの、私、その……
(……し、司令に私はなんで…胸が…高鳴って……)
アネイト……ちぇっ…私も泳げないほうがよかったかな……
アゼリー……?今何か言いましたか?
アネイト…べっ、別に何も言ってねーよ!!ちっ……
 ――――――――
ジュリテ…(プレイヤー名)…この短期間で二人のハートをがっちり掴んでいるわ…!
んーっ!ますます目が離せないわねこれは!!
 ――ガコッ
ジュリテあれ、今のおと
 ――ズドンッ!!
ジュリテ……………………
 ――――――――
アゼリー…今の音は!?
アネイト…はぁ、やっぱり…。
…アゼリー、大丈夫だ。気にしなくて。
おい、そこにいるんだろ、ジュリテ!!
ジュリテ!!!
ご、ご機嫌よう、姐さん…!アゼリーさんも…!
アネイト……こっそり後をつけていたのか…。
ジュリテ
す、すみません!
その、姐さんと(プレイヤー名)のことが気になって……
アゼリー…あのー……でしたら、こっそり後をつけないで
一緒に来れば良かったじゃないですか?
ジュリテい、いやいや!
あたしはその…トライアングルをこっそり見たく…
アネイト
何のことだ?
ジュリテ…!!
い、いえいえ!何でもないですよ!!
…あ、ほら、あたし!ビーチボールを持ってたんです!
これで4人で遊びましょう!
アネイトお、気が効くじゃねーか!(プレイヤー名)!アゼリー!遊ぼうぜ!
 ――――――――
ブラウエラ……アゼリーの今の様子……
……まさか、(プレイヤー名)に……!?
ぐ、ぐぬぬ…!ますます目が離せないようじゃ!

休日のアサシン

消費士気:24 最大Gold:3120 最大Ring:1200
初期クリスタル:300
味方ユニット:アイベックス、パーシューター
敵ユニット:なし

出現Mob
ウォリアープレート
インペリアル Elite
スカウトエンジニア Elite
ソーサラーインディゴ
リベルシュ Elite
フェンサーソードフィッシュ Boss
セスタスアドゥス

会話:

戦場選択
 ―ザザァ…
―ザパァン……
ソードフィッシュ…暗殺されかけたこともあったな。
 ――――――――
―― 数日前 ――
アイベックス…最近調子どうよ?パーシューター。
パーシューター…アイベックス。
いきなりこんなところニ呼び出しテ何の話かと思えバ……
急にどうしタ?
アイベックスいやいや。大したことじゃねーよ。
俺の上司のシグルス様…パーシューターの上司のジュウカラ様…
どっちも超優秀だし仕事の鬼だしさ
パーシューターもプレッシャーとかいつも感じているんじゃないかと思ってな。
パーシューター…アイベックス…優しいんだナ。
アイベックスははっ。ストレスやプレッシャーに押しつぶされないようにして
より良い『仕事』が出来るようにしないとな。
もしミスなんてしたら…
パーシューターミスなんてしたラ……
シグルスアイベックス。…何をやっている?この任務での失敗は死に値するぞ?
ジュウカラチッチッチッチ。しくじりましたねぇ。がっかりですよ。
…失敗したらどうなるか…わかっていますよねぇ?
パーシュ&アイベ………
アイベックス俺達に失敗は許されないからな……
パーシューターそ、そのようだナ……
アイベックス……とんだブラック上司だな……
パーシューター???
シグルス様は髪の毛も服装もホワイトだと思うガ……
アイベックスあ、いや、ブラックってそういう意味じゃなくてな……
…ん?ああ、すまない(プレイヤー名)。
こっちから誘ったのに、ほったらかしちまったな。
パーシューターすまなイ…(プレイヤー名)。
暗殺者トークに花が咲いてしまったようダ……
アイベックスなあなあ、(プレイヤー名)。ちょっと聞いてみたかったんだけど…
もし同じチームで任務をするとして…お前はシグルス様とジュウカラ様
どちらが上司だと嬉しい?
パーシューター
それは気になるナ。
(プレイヤー名)が司令として二人をどう見ているのカ……
アイベックス…で、(プレイヤー名)の答えは?
――じり……
パーシューター答えハ?
――じり……
アイベックス…間合いの詰め方が怖い……?大丈夫、大丈夫。
パーシューター答えてくれれば問題なイ。さあ、早ク……
 ――ざっぱああああああぁぁぁぁぁぁん……
アイベックスん、なんだ?
パーシューターあ、アイベックス!あれを……
アイベックスん…あれは……
ソードフィッシュ―びちっ
―びちびちっ
アイベックス…どうやら波に乗ってマカジキが打ちあがったようだな。
パーシューターマカジキ…また珍しい……
アイベックスパーシューター。お前、ジュウカラ様の元で随分強くなっただろ?
パーシューターそ、そんなことない!ワタシなんてマダマダ……
アイベックスはははっ。謙遜しなくても目を見れば大体わかるさ。
…でだ。あのマカジキを高速かつ鮮やかに3枚卸しにしてみろよ。
パーシューター
ワタシの力を見てくれるのカ…?
アイベックスああ。…行って来い。
パーシューター…ワカッタ!!
 ――――――――
ソードフィッシュ…………
う、う~ん、ここは…………はっ!
潜入捜査のつもりが大波にさらわれてしまったようだ。
とりあえず近隣住民にここがどこか聞きたいところだが
……ん?
パーシュータータタタタタタタタッ!
ソードフィッシュ!!!!
な、なんだ、ものすごい勢いで短剣を持った女性が迫って来ている!
…よ、よくわからないがひとまず海に逃げよう…!
 ――――――――
パーシューター……逃げられたカ……
アイベックスなるほど。速さは素晴らしいが少し気配を出しすぎたな。
パーシューター……すまなかっタ……
アイベックスいやいや!あの踏込みと度胸は大したものだ。
ジュウカラ様の元で成長したんだな。
パーシューター!!
褒められた…嬉しイ…
アイベックス…さてと、じゃあ本当の『暗殺』スキルを見せてやるぜ……
 ――フッ
パーシューター!!
気配ガ…消えタ……
アイベックスおーい、俺のことわかる?
パーシューター…こちらが意識を集中させないと
どこにアイベックスがいるのかわからなイ…
これガ…『ハイド』……
アイベックスこの状態でさっきマカジキが逃げた方向に近づく。
…ついてこい、パーシューター。
パーシューター…ワカッタ!
 ――――――――
ソードフィッシュ――ちらっ
………さっきの危険そうな女性はもう行ったかな?
海辺には誰もいないようだし……陸に上がるとするか……
 ――スタタタタッ
ソードフィッシュ!!
 ――ヘアッ!!
ソードフィッシュか、間一髪だった……
アイベックス……ちっ…外したか……
パーシューターアイベックスの『ハイド』を察しテ咄嗟に攻撃を避けるとハ…
あのマカジキ…できル…!
アイベックス(プレイヤー名)も力を貸してくれ!
あのマカジキを3枚卸しにして今夜は刺身パーティーだ!
準備完了
ソードフィッシュふむ……敵意は感じないが……
こんなところでマグロのお刺身にされたらたまったものじゃないからね。
…少し抵抗させてもらうとしようか。
第1波終了
アイベックスやっぱり、あのマカジキ。只者では無いようだ…。
パーシューターアイベックス!
アイベックス…俺のハトホルダガーの切れ味も鈍ったかな。
いや、そんなはずは……
第2波終了
アイベックス……はぁ、はぁ……うまくいかないぜ……
パーシューターアイベックス…まさカ…
勝利
ソードフィッシュま、不味い。
このままでは本当にお造りにされてしまう。
…致し方ない。任務があるがひとまず海に逃げよう。
 ――ざぶん!
アイベックスハァ、ハァ…くそっ、逃げられたか……。
パーシューター…アイベックス。
アイベックス
パーシューター…へへっ、すまないな。
こんなところを見せちまって……
パーシューターアイベックス…。ここ最近デ休みハいつ取っタ?
アイベックス…へ?何を聞くかと思えば……そうだな~…
ひぃ、ふぅ、みぃ……もう何か月も前になるかな。
パーシューター!!
そ、そんなに休み無しなのカ!?
アイベックス…勿論シグルス様にも休めって言われてるんだけどな。
少しでも役に立ちたくてな…休みの日も『仕事』をしているんだよ。
パーシューター…そんナ…だかラ、先ほどの戦いで力を発揮できなかったのカ。
アイベックスははは…。恥ずかしいところを見せちまったな。
パーシューター…それなのニ…
ワタシなんかのために時間を割いてくれるなんテ……
アイベックス…お互い任務だと会話することもないからな。
正直、気になってたんだよ。
ここ最近、忙しそうだったし……滅入る『仕事』も多かったからな…。
パーシューター…ありがとう……
でモ……アイベックス、今日だけはお互い
『仕事』のことを忘れテゆっくりしよウ。
アイベックス……そうだな。ありがとう、パーシューター。
(プレイヤー名)も、こんな話聞かせて悪かったな。
あっちで海を見ながらお茶でもしようぜ。

愛の守護者たる素質

消費士気:28 最大Gold:3640 最大Ring:1400
初期クリスタル:300
味方ユニット:ミルチカ、フルール
敵ユニット:なし

出現Mob
ウォリアースペキオス Elite
スカウトフォビドゥン
フェリス
クレア
ソーサラーリンダ Elite
ファントマ Elite
フェンサーバテシア
ソードフィッシュ Boss

会話:

戦場選択
 ―ザザァ…
―ザパァン……
ソードフィッシュ…そういえば、あんなこともあったな。
 ――――――――
―― 数週間前 ――
―― とある船上 ――
サクラね、ブルー!
今日のためにお菓子作ってきたの!ほら、食べて食べて!
ブルーんぐっ!?サ、サクラ、無理やり口に突っ込むと危ないよ。
…ちゃんと食べるからね。
バロンああ…愛しのバロネス…海がとても綺麗だよ。
二人占めしたくなるね…。
バロネスそうね……。わたし達と(プレイヤー名)以外は
海に入れないように法整備してもらおうかしら……。
ノクターンカームなシーがミーのマインドをキャッチしてリリースしない……
バット、ユーもベリーベリークールビューティーだ。
セレナーデふふっ…お昼時ですのに
わたくしの隣には素敵なお月様が昇っているようですわ…。
 ――――――――
ミルチカねえねえ、フルールちゃん!
恋愛してる感じって、すっごくいいよねっ♪
フルールええ…すごくいいですね…
プレート……ロイ殿。海が……綺麗ですな………
ロイプレートさん近い。近いですから。
エンジニア何故貴様なんかと同じ船に乗らねばならんのだ!?
クレアボそ、そんなのこっちの台詞ですよ!!
偶然、福引屋の前を通り過ぎたばっかりに……
フルール………
……はい!本当に恋愛って素敵ですよね!
ミルチカねー♪
フルールちゃんと一緒だとすごく楽しいな♪話もすごく合うし♪
フルールそうですね!私もミルチカさんともっとお話したいです♪
船長はっはっは、嬢ちゃんたち!楽しんでるか?
ミルチカはい♪
それにしても「ペア1泊2日船旅チケットが当たる福引」なんて
このご時世によく企画できましたね!
船長はっはっは!
むしろ「こんなご時世」だからこそってもんだ。
フルール…というと?
船長…皆戦争で疲れてるだろ?身体だけじゃなくて心がよ……。
…海にはな。そういう心の疲れを癒す力があるって
俺は信じてるんだ。
…ま、本当は国中の人を乗せたいところなんだがそういう訳にはいかないからな。
だから、福引を開いたって訳なのさ。
ミルチカミルミル、船長さんの心遣いに感動しました!
フルールですね!少し涙が出ちゃいました…!
船長はっはっは、よせやい!痒くなっちまう!
…ん?
ソードフィッシュ…はぁ、はぁ…す、すまない……誰か……
サクラきゃ、きゃああああ!
な、何あれ、カジキ!?超キモいんですけどー!?
バロネスああ、バロン兄様!
変なゴミさんが船の上に!!しかも潮臭いですわっ!!
プレートきゃ、きゃああああああ!!ロイ様、助けてええええ!!
ロイ…………プレートさん?キャラ、違いますよね?
プレートロ、ロイ殿ー!ほんの冗談ですぞ!
ミルチカむむむっ!
平和な愛で包まれたこの船を狙うなんてミルミルが許さないんだからっ!
フルール…本当です!
乙女の愛の邪魔をするなんて絶対に許せません!
ソードフィッシュ…へ?
準備完了
ソードフィッシュいや、私は任務に疲れたところに
自国の船がいたから立ち寄っただけなのだが…
ミルチカ怪しい恰好です!…はっ!もしかして変質者!?
フルール!!
変質者だなんて益々許せないです…!一体どの殿方が目的なのです!?
ミルチカ…へ?殿方?
フルール!!
いえ、何でもないんです!
ただの言い間違いです!!!!
第1波終了
船長(プレイヤー名)。
…ダメ元であんたにこの船の護衛を頼んだがどうやら正解だったようだ。
乗客は避難させた!あとはあんたたちに頼むぜ!
第2波終了
ソードフィッシュ…ふむ。
どうやらこの恰好のせいで変質者呼ばわりされているようだ。
しかし、任務の途中故この装備を脱ぐ訳にはいかない…
ありのままの姿で理解してもらうしかないようだな。
ミルチカ!!
まだ来ます!
フルール迎え撃ちましょう!
勝利
ソードフィッシュ…やはり、この恰好は誰にも理解されないのだろうか……。
仕方ない…変質者と思われたまま立ち去るのは心苦しいが
長居するのも得策では無いようだ。
済まない、お嬢さんたち。何か邪魔をしてしまったようだね。
私はこれで失礼するよ。…船旅、楽しんで。
 ――ざぱぁぁぁん…
ミルチカ…行っちゃった。
なんだったのでしょうか、あの方は……
フルールわかりませんが…
この船の愛が守れて、本当に良かったです♪
船長はっはっは!
嬢ちゃんたち本当に強いんだな!この船を守ってくれてありがとうな!
……(プレイヤー名)もありがとうな。ほら、奥に人を待たせてるんだろ?
早く行って来い。…ん?ああ、大丈夫大丈夫。
こっちのことは気にせず行って来い。……楽しんでこいよ。

マカジキ一本釣りッ!

消費士気:32 最大Gold:4160 最大Ring:1600
初期クリスタル:300
味方ユニット:ツイナ、シュメッタ、ミーア
敵ユニット:なし

出現Mob
ウォリアーヒロイック
スカウトスカーレット
クレアボ
タイゼン Elite
ソーサラーブラック Elite
フェンサーイオネ
パリデス Elite
ソードフィッシュ Boss
セスタスロリス

会話:

戦場選択
 ―ザザァ…
―ザパァン……
ソードフィッシュ…私は猫は苦手だ。好きなのだが、同時に苦手なのだ……
 ――――――――
―― 数か月前 ――
―― とある船上 ――
ツイナはぁ……
シュメッタ同胞よ…溜息なぞついて、一体どうしたというのだ?
ツイナいやいや、どうしたもこうしたも……
って、前も言ったけど「ツイナ」って呼んでいいんだからね!
同胞って何か痒くなっちゃうわ!
シュメッタそ、そ、そうか……じゃあツ、ツ、ツイナ………
そんなに溜息をついてどうしたというのだ?
ツイナ…………また………
食事を……断られてしまったのよ……
シュメッタお食事って……殿方とか?
ツイナそうよ、そうよ、そうなのよ……!
なんであたしが誘うと皆断るのよ……
???そ・れ・は・ね…誘う内容の問題だと思うわ。
ツイナ……ミーア……一体何が問題なのよ……
ミーアだって…この前なんていきなり…
ツイナあっ!ねえねえ、これから一杯どう?
おいしいお酒と肴でクイッっと!行く?行っちゃう??
ミーア…とか言うんですもの……
そんなにグイグイいってたらイイ男は寄ってこないわよ?
シュメッタ……そういうものなのか……
ミーアそうそう、そんなものそんなもの。…さて、と!
今日は女3人の船旅ということでこんなものを用意してみたわ♪
ツイナこれは……釣竿?
ミーアそうよ♪
男が釣れないツイナでもお魚なら釣れるでしょ?
ツイナ………………………………
シュメッタ……わ、わあーー釣り、楽しそうだなーー
ミーアシュメちゃんならわかってくれると思ったわ♪ウフフ…♪
ツイナ……いいわよ……
こうなったら、ドでかい雄魚でも釣り上げて今晩の酒のつまみにしてやるわ!!
シュメッタさ、魚…焼き魚も煮魚も…いや、お刺身にしても美味しそうだ……
ツイナ釣竿貸しなさい!
ミーアどうぞ~♪ほら、シュメちゃんも、釣竿。
シュメッタう、うむ、感謝する…!
ツイナくっそーーーーー!そりゃーーーーーーー!
 ――ぽちゃっ
ミーアさ、あたしたちも始めましょう♪
シュメッタ…う、うむ!
 ――ぽちゃっ
  ――ぽちゃっ
――――
―― 数時間後 ――
ツイナ……釣れないわね……
ミーア……男と一緒ね……
ツイナ今なんて?
ミーアいいえ、なんでも……って、え?
 ――ぐいぐいっ
ミーア!!
ツイナの釣竿、すっごく引いてるじゃない!!
 ――ぐいぐいぐいぐいっ
シュメッタおお!深淵たる灰暗き水の底から
神々も恐れる存在が我らを闇に引き込もうと…
ツイナ…ぐ、ぐうぅぅ……
だめ、一人じゃ釣りあげられない……
シュメッタ…!
ツイナ、危ない!!…ミ、ミ、ミーア殿!!
ミーア…もう、ミーアでいいって言ってるのに……
…はいはい、了解。3人で釣り上げるわよ♪
三人せーーーーのーーーーーーーー!!!
 ――ざっぱぁぁぁぁぁぁああああん……
ツイナ………
シュメッタ………
ミーア………
 (びちびちっ
   びちびちっ)
シュメッタこ、これは……?
ソードフィッシュ……ん、うーん……
ツイナ喋った!?
ミーア…というか……
ソードフィッシュこ、ここは……?
ミーアやだ…すっごく良い男じゃない♪
ソードフィッシュえ、え、なに、え…?
ミーアねえ、あなた?
ちょっとあたしと向こうで大人の海水浴でもしない?
ソードフィッシュ!?
な、なんですか!?……というか……
ね、猫……うう……
ミーア??
どうしたのかしら?
シュメッタ…ミーアのことが怖いのでは?
ツイナでも…たしかに良い男ね。…恰好は変だけど。
ミーアウフフ♪
じゃあ、皆でこのイケメンフィッシュを捕まえましょう♪
ツイナさんせーい!
シュメッタええ!?
弱っているみたいだし、ちゃんと救護したほうが…
ミーアいいのいいの。
そんなのあたしたち3人でケアすればいいじゃない♪
ほら、(プレイヤー名)も。そんなところで突っ立ってないで。
一緒に彼を捕まえるわよ♪
準備完了
ミーアさてさて、どうやって捕まえようかしら…
ツイナどこかに網があれば良いんだけど…
シュメッタま、まあ、仕方ない……
私たちは救護目的で捕まえるとしよう……(プレイヤー名)。
第1波終了
ソードフィッシュ…ふむ。なかなか相手の攻撃が痛い。
どうやら私は歓迎されていないようだ。
…合流ポイントはたしかにこの船と聞いているのだが……
…もしかして、あちらの女性たちは何も関係がないのか…?
…ふむ、それなら合点が行くな。
第2波終了
シュメッタハァッ!
ツイナてやっ!
ミーアえいっ
ソードフィッシュおっと、危ない危ない。
ツイナそ、そんな…全部かわされているなんて……
シュメッタ……強い……
勝利
ソードフィッシュちょっと尋ねるが…この船に私の知り合いのシ
ミーアね~え♪あたしの話も聞いて?
ソードフィッシュ!!
一旦逃げる!!
ミーアウフフ♪シャイなのね…♪
 ―――――――
シュメッタい、行っちゃった…
ツイナちょ、ちょっと独り占めはズルいわよミーア!待てー!!!!
シュメッタえっ

コードネームはソードF

消費士気:36 最大Gold:4680 最大Ring:1800
初期クリスタル:300
味方ユニット:ツイナ、シュメッタ、ミーア
敵ユニット:なし

出現Mob
ウォリアーカクタス
パラセディア Elite
ディエール Elite
スカウトスカーレット
ソーサラービノシュ
フェンサーソードフィッシュ Boss
シュテルテ Danger
シグルス Danger
セスタスラーダー

攻略ポイント:

シグルスは魔法無効。第2波?で上から2段目に出現。第3波で上から4段目に出現。計2体出現。

会話:

戦場選択
ソードフィッシュ!!
こ、こないでくれたまえ!!
ミーアあたしから逃げるなんて…悪い子ね?ウフフ…♪
ソードフィッシュす、すまない!!
猫はその…に、苦手なのだ!!
ミーアあらん?猫さん苦手なの?
…でも大丈夫。あたしならお兄さんのニ・ガ・テ。
克服させてあげられるわよ?
ソードフィッシュだ、だ、大丈夫だ!自分でなんとかするから!!
???ミーア!
ミーアちぇっ、お邪魔虫が来たわね……
ツイナ…思いっきり聞こえているわよ?
ミーアあら、ごめんなさい。なんでもなくってよ?
ツイナそれより…そちらの男性の方。ひどく怯えているじゃないの。
ソードフィッシュそ、そうなんだ…!助けてくれ…!
ツイナそうね、助けてあげるから…
そ、その…あたしと…お食事でも…
ソードフィッシュそうだな…その交換条件なら……
ミーアダメよ!!あたしが先に誘ったのよ!!
ツイナは指咥えて待ってなさいよ!!
シュメッタふ、二人とも…落ち着いて……
???その辺にしたらどうだ?
???そうだね、彼も迷惑しているんじゃないかな?
シュメッタ…へ?こ、この声は…!?
シグルス全く…ソードフィッシュ。待ちくたびれたぞ。
シュテルテくすっ…本当に随分待ったね。
お陰でシグルス君との船旅を楽しむことができたけど。
シグルス…シュテルテ。今は任務中だ。
そういった発言は慎むように…。
シュテルテおっと、ごめんごめん。不謹慎だったね……
シュメッタシ…シグルス司令とシュテルテ!?
ツイナシグルス司令が何でこんなところに……
ミーア(……相変わらず二人とも良い男ね……)
シュテルテ…それより、ソードフィッシュ君。
一体どうしてこんなに合流が遅れたんだい?
ソードフィッシュ済まない。この海域は今の季節特有の海流があるらしく
しばらく迷子になってしまったようだ。
シグルス迷子…………無事で何よりだ。
ミーアねえ、シグルス司令、シュテルテ。
あたし達、こちらのソードフィッシュさんをお借りしたいんだけど……
シグルス駄目だ。私たちはこれから任務が…
シュテルテ…と、言いたいところだけど…
シグルスシュ、シュテルテ!?
シュテルテ…まあまあ。
現地に着くのにはもう少し時間がかかるし…それに…
シグルス…ん?あれは(プレイヤー名)…?
シュテルテどうやら一緒の船に乗り合わせていたみたいだね。だから…
…さて、子猫ちゃん。
ミーア何かしら?
シュテルテ今から賭けをしないかい?
ミーアあら?あたしと賭けをするなんて…ウフフ♪いいわよ。
で、内容は?
シュテルテこちらは僕とシグルス君、ソードフィッシュ君。
そちらはお嬢さん方と…そこにいる(プレイヤー名)君に分かれて模擬戦をする。
勝ったほうがソードフィッシュ君としばらく楽しい船旅をする…
というのはどうだい?
シグルスシュテルテ!勝手にそのような……
ソードフィッシュそ、そうだ!大体私はさっきも戦って疲れて……
シュテルテソードフィッシュ君はいずれにしろこちらで頑張ってもらわないと…
またあの子猫ちゃんに捕まえられちゃうよ?
ソードフィッシュむっ…確かに……
シュテルテ…シグルス君。
これは(プレイヤー名)君の良い訓練にもなるんじゃないかな…?
シグルス……はあ……
………………
……仕方ない。…一戦だけだぞ。
シュテルテ…という訳でこちらの話はまとまったけど
お嬢さん方はどうかな?
ミーアもちろん受けるわよ♪ねえ?
ツイナ…そ、そうね!
シグルス司令にシュテルテさんってすごく怖い組み合わせだけど……
絶対に敵にまわしたくない組み合わせだけど……
シュメッタ…大丈夫だ。…ほら、私たちには盟友がついているぞ…!
ミーア(プレイヤー名)……
ツイナ(プレイヤー名)……
シュテルテフフ…相変わらず(プレイヤー名)君は皆に好かれているんだね。
それじゃあ…始めようか。
準備完了
シグルス…シュテルテ。ある程度本気を出しても構わないか?
シュテルテ大丈夫、問題ないよ。…無論、僕もそのつもりだし。
ソードフィッシュ二人とも…私を取り戻すために
そんなに頑張ってくれるのか…!
シュテルテう~ん…僕もだけど…
シグルス君は(プレイヤー名)君の今の実力に興味があるんだ。
シグルス…(プレイヤー名)司令…どこまで成長したか…
その力、私自ら試させてもらおう!
シュテルテ……ほらね。
ああ見えて、結構部下への思いやりがある男だからね、シグルス君は。
ソードフィッシュ二人とも…私のために
頑張ってくれるわけではないのだな…。
シュテルテフフ…申し訳ないけれど、(プレイヤー名)君相手では…ね。
…僕らと同じ軍階級の君までを配慮する余裕はちょっとないかな。
ソードフィッシュ…もっともな意見だな。まあいい。
自分の身は自分で守るとしよう。
第1波終了
シュメッタ…つ…
ツイナ強い……
ミーアう~ん
下手したら今まで戦ったどの男よりも強いかも…
でも、強い男って素敵よね♪
ツイナ…強すぎる男性ってのも怖いものよ。
あたしは少し弱いくらいの男性のほうが好みかもしれないわ。
シュメッタ……男性の好みも色々あるのだな……
第2波終了
シュテルテ…どう?ここまで振り返って。
シグルス…こうして(プレイヤー名)司令と戦うことは訓練でも滅多に無いのだが…
だからこそ再認識したよ。(プレイヤー名)司令の強さを。
ソードフィッシュ…それに、彼女達もよく戦っている。
シュテルテ…そうだね。でも…
シグルスん?何だ?
シュテルテ一刻も早く…可愛い子猫ちゃん達が
戦争のための力なんて身につけなくていい世の中にしたい…って思ってね。
シグルス……シュテルテ……
ソードフィッシュ…そのために、私たちがいるのだろう?
…さあ、あちらはまだまだやる気みたいだ!
考え事は後にして、今は戦いに集中しよう!
勝利
ミーアか、勝った……?
シュメッタ…かな…?
ツイナとても勝ちとは言いにくいわよね……。
ギリギリの戦いだったわ……。
ソードフィッシュ…いやいや。皆とても良く戦っていたよ。
シグルス…うむ。(プレイヤー名)司令も君たちも本当に強かった。
シュメッタ(やった……褒められた……!)
ミーアじゃあ約束通り♪
ソードフィッシュうっ…
シュテルテ…まあまあ。そんな落ち込まないで。
連帯責任という事で…ソードフィッシュ君だけでなく
良ければ僕とシグルス君もお相手をするよ?
シグルスなっ…!?
ソードフィッシュありがとうシュテルテ!!心の友よ!!
シグルスおい…シュテルテ…
シュテルテいいじゃないか。皆良く戦ってくれたよね?約束は守らないと。
(それに…僕はひとつでも多く噂話を集めたいからね…
意味はわかるよね?シ グ ル ス 司 令 )
シグルス(うっ…………)
……わかった。話くらいなら………
シュテルテ…ということで…きまりだね。
ミーアウフフ♪さあ、ソードフィッシュさん、行きましょう!
ソードフィッシュあ、だから、私、猫は……あ、あーーーっ!
シュメッタあ、その、えっと…久しぶり…だな。
シュテルテシュメッタ君。こんなところで会えるとは…ね。
あの事件以来かな?
シュメッタあの時は本当に世話になった…あ、ありがとう。
ツイナあ、あの、シグルス司令……
その…女性が男性を誘う時ってどうしたらいいのか…相談に乗って頂けますか…?
シグルスなっ!?私がそんなことわかる訳…
ツイナお願いします!!
シグルス………ぐっ……
……(プレイヤー名)司令。重要任務だ。
……私と一緒に彼女の話を聞いてほしい……
ツイナ
…ありがとうございます!!
 ――――――――
――――
―ザザァ…
―ザパァン……
ソードフィッシュ…猫…嫌いではないのだがな…
…あれ以来…ますます苦手になった気がする…
………そういえば………
巨大網に捕えられかけた時も…
海藻に絡まれた時も…
暗殺されかけた時も…
全ての記憶に同じ司令官がいるなあ………
 ―ザパァン……
ソードフィッシュ………ふむ。(プレイヤー名)司令と言ったかな…。
皆、あの人を知っている感じだったな…。
仲も良さそうだし……
 ―ザザァ…
―ザパァン……
ソードフィッシュ一度…あの人が指揮する部隊に入ってみたいな…。
子どもの声ママー!あれ何ー?
母親の声しっ!見てはいけません!
ソードフィッシュ………………………………
…私は……
それでもこの『ソードフィッシュ』スタイルを貫くぞ……
どこかの少年……君も大人になればきっと分かるさ……
私が…この装備でどう国に貢献しているのかが…ね……。
 ―ザザァ…
―ザパァン……

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • シグルスにはパニがいいのかな? -- 2014-08-22 (金) 12:31:35
  • ガドパニもしくはんゆー☆だろうね -- 2014-08-24 (日) 19:12:49
  • 会話わかる方いましたら、情報提供・編集に協力お願いします。 -- 2014-08-29 (金) 08:06:26
  • ハードのソードFでソードフィッシュドロップ確認 でるとは思わなかった -- 2015-08-14 (金) 21:40:46
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 15:23:27 (1362d)